震災から10年。【2021/03/11】

2011年3月11日14時46分。

からもうすでに10年。

つい昨日のことのように思い出されます。

私達は福島の地で10年も変わらず生きています。

節目の10年というように各地で報道されておりますが、被災された者にとっては

10年たとうが100年たとうが震災は震災であり、傷が治ることはありません。

しかし、傷をふさぐことはできます。それが良いのか悪いのかは別として。

どうせなら痛くない傷の塞ぎ方のほうが良いにきまってます。

震災を経験し、あっという間に10年が経ち、今後も語り継がれるであろう未曾有の出来事。

私達福島の地で生きる者にとって出来ることは決して忘れることなく、風化させることなく前を見ること。

時々はふと振り返ることもありますが。

いまコロナ禍で社会全体が我慢の時を迎えていますが、きっと明るい未来が待っていると信じています。

東開クレテックは福島だけでなく東北全体、社会全体が良くなるよう頑張って前を向いていきたいと思います。

10年たっても負けないぞ、福島。